脳梗塞を発症したら【個人の状況にあわせたリハビリは大切】

心臓発作を防ぐポイント

医師

日常生活でできる防止策

心筋梗塞の発作については、少しの血圧変動が影響を及ぼし起こります。日頃の生活で気をつけたいポイントがあります。温度差がとても大きな所では、血圧が急に上下することになります。そうなってしまうと心臓に負担がかかり、心筋梗塞の原因となりかねません。心筋梗塞が生じやすい場所の典型が、冬の期間の浴室やトイレなどが挙げられます。とりわけ浴室は、リビングから気温が低い脱衣場へ、それからお湯につかるというふうに、温度差をくり返して、血圧が変動しやすいといえます。脱衣場を暖房機で暖め、浴室はシャワーを出し暖めるなどの創意工夫をしましょう。加えて老年になると、湯の温度を感じにくくなってしまうため、ついうっかり熱湯に長い時間入る傾向が強く、心臓に負担をかけます。また、トイレのケースでは、冬の季節の早朝に向かう時にはカーディガンをはおって、身体を冷気から保護することが必要になります。加えて、身体の内側の水分が足りなくなったら、血液がどろどろになりがちで、心筋梗塞が発症しやすくなります。とりわけ夏のシーズンには十分水分補給が要りますが、マンションといった気密性のとても高い住宅は一年を通じて乾燥しやすいことから、気がつかないままに水分不足ることがあります。家にいる時でも、まめにお茶や水を飲用することを気を付ける必要があります。さらに中高年においては、寝ている間にトイレに行くことを嫌って、夜に水をひかえる人が珍しくありません。寝ている間にも汗を通して水分が吸い取られるため、血の流れが活動的でなくなって、その上朝の血圧上昇などがプラスされると、心臓発作の危険度が高くなります。就寝する前には、白湯を1杯飲用するようにしましょう。