脳梗塞を発症したら【個人の状況にあわせたリハビリは大切】

医師

心臓発作を防ぐポイント

心筋梗塞は突発的に発症して、命を落とすこともあるこわい病気といえます。この病気を防ぐために、日常生活の中で気をつけるべきことがあります。具体的には、風呂やトイレの対応、さらに水分補給などがあげられます。

詳しく見る

日本人に多い疾患

診察

認知症に移行する可能性

日本人に毎年多く発症する疾患例の一つとして上がるのが、脳梗塞という疾患であることをご存知でしょうか。この疾患は脳組織へ血液を運ぶ血管が閉鎖あるいは狭窄してしまい、結果として脳虚血をおこし脳組織が壊死をおこしてしまうのです。脳組織全体に血管があるのですが、どこの血管が閉鎖するかによって失語や麻痺そして意識障害をおこすのが脳梗塞の特徴になります。脳梗塞にも種類があって、大まかには3つに分けることができるのですが、日本人に最も発症例が多いのがラクナ梗塞です。ラクナ梗塞は細い血管でおこるので、当人を含め家族も気づかないほど軽度の脳梗塞になります。しかし軽度の症状でも脳梗塞の部位が増えていくと、症状が悪化し認知症に移行してしまうこともあるので注意しなければいけません。比較的症状が軽度なラクナ梗塞の場合でも、個人の状況にあわせたリハビリは大切なので早い段階で主治医と相談しましょう。本人がリハビリの施設に通院を希望するなら必要な手配をして、通院を嫌がるようなら自宅でもできる範囲で対応してください。最初は通院を嫌がっても後からなら通院を承諾するということもありえるので、それまではできる範囲内でリハビリをすすめていきましょう。例え軽度の症状であろうと脳梗塞という疾患になっただけで、当人の精神的なショックは計り知れず身体的な負担も生じます。家族の負担と費用もかかりますが、全員で協力してリハビリをサポートすることが最も重要な点です。決して家族の一人だけや家族だけで何とかしようとはせずに、医療施設や福祉サポートを利用しましょう。

医者と患者

治療と社会復帰の基礎知識

万が一脳梗塞になった時には、すぐに大きな病院で治療を受けることも重要ですが、退院後は社会復帰に向けてリハビリを進めるのが理想的です。機能回復訓練に力を入れているクリニックを活用したり、再発防止のために食生活にも気を配るのが、社会復帰を実現するためのポイントです。

詳しく見る

看護師

習慣を変えていくこと

心臓を構成する筋肉を心筋といい、心筋に血液がいかなくなる状態を心筋梗塞といいます。虚血性心疾患の一つで、喫煙習慣や肥満そしてストレスを抱えている人に発症する確率が高いと報告されています。食生活や生活習慣は、病院に行かずとも自分で変えることができるので、長生きしたければ変えていきましょう。

詳しく見る

医者

すぐに行おう

脳梗塞によって後遺症が残ることがありますが、リハビリで回復することもあります。主治医の指示に従って行いましょう。急激に回復することはなくても、日常的に続けていれば徐々に回復していくかもしれません。諦めずに行いましょう。

詳しく見る

男性

体に現れる症状

心筋梗塞が発症する場合には前兆となるような症状が現れる場合もあります。心筋梗塞の前兆として典型的な症状は胸部に感じる痛みです。単なる痛みだけでなく、胸が締め付けられるような感じや圧迫されるような症状が現れる場合もあります。顔や腕などに症状が現れる場合もあります。

詳しく見る